読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100切りゴルフ

100を打たないゴルフをしよう

パターの練習は毎日やる方がいい

家のカーペットの上でも気軽にパターの練習はできる。
やらないよりはやった方が良いに決まっている。
天候ににも左右されないし、家の中でサクッと練習できるから毎日やる事も可能だ。
この手軽に出来る事をやらずして100切りの目標達成は見えてこないのです。

人間の優れている点は毎日続けていると、感覚がどんどん研ぎ澄まされていく所にあります。
YOUTUBEなんかで職人さんの動画を検索してみてください。
単純作業をものすごいスピードでおこなっている動画や、正確な作業を淡々とこなす動画が見れるはずですが、その感覚に近い状態に近づくわけですね。

毎日やった人間にしか判らないけど、グリップの感覚やストロークの感覚がいつも通りにストロークできているのか、いないのか位はすぐに判断できるようになるはずです。

打った瞬間に「あ、今のはミス」と判るようになるわけですね。

この感覚が芽生えてくると毎日パターを触っている効果が現れてくるはずですよ。
コースでも何となくパターの調子がいいなぁって事が増えるはずです。

判り難い例えかもしれませんが、
毎日お箸を使って食事をする日本人は、小さいお米を1粒1粒を摘む事は簡単にできる事と同じだと思いますよ。
アメリカの映画のワンシーンで中華料理をお箸で食べるシーンなんかを思い出してほしいのですが、アメリカ人の俳優はお箸を使う仕草に余裕が無く、おぼつかない雰囲気を感じるのは私だけでしょうか?
凄くきれいにお箸を持てている俳優ってあまり見た記憶が無いんですよね。

それと同様に普段タバコを吸わない俳優が、その時だけタバコを吸っている事が丸判りな感じも同じかもしれないですね。

毎日5分だけでもパターを握る生活を送ると、パターを扱う動作にも違いが出てくるはずです。
お箸を使うベテランになる事と同様にパターの扱いのベテランになれば良い訳です。
しかもパターに関しては通常のショットとは違い、筋力もあまり関係ありませんから誰でもパターのベテランにはなれるはずですよね。

 

練習方法は正しいほうが良いに決まっているわけです
練習器具を使うほうが効果が高いし、練習器具のおかげで今のパットはミスだったのか成功だったのかを判断できる方がいいですよね。

  • キャスコ キラライン
    ボールの色が綺麗に2色塗り分けられているボールで、ボールの転がりが目で確認できる点がすばらしい。
    実際のコースで使うと傾斜の転がりの影響も目で確認、学習する事ができる優れものです。

    www.shop-kascogolf.com



  • ダンロップ スリクソン ピンポンパット
    ゲートの様な形のパーツにゴムが張られている練習器具で、練習器具に向かってボールを転がすとゴムの反動でボールが跳ね返される仕組みになっている。
    ボールが1個あればいつまででも練習できる器具なので、毎日の練習が続けやすいといった特徴がある商品です。

    golf.dunlop.co.jp

 

私の経験ではこの2つの練習器具の効果は非常に高いのでおすすめですよ。
寝室やリビングにセットで置いておけば気軽にいつでも練習する事ができます。
私が1つだけ注意している点は、家の中で練習する場合シューズを履いている時と背の高さが変わりますから、少し厚めのスリッパを履く方がより実践に近いと思います。

目指せ100切り!地味な努力は絶対に上手くなる!