読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100切りゴルフ

100を打たないゴルフをしよう

ダイナミックゴールド 定番の重量級スチールシャフト

重量級スチールシャフトで人気のあるダイナミックゴールド

使っている人も多いですし、このシャフトを使いたいなと感じている人も多いシャフトですね。

結構質問される事が多いのですが、S200とS400って違うんですか?

完全に私の独断と偏見なのかもしれませんが、両方同じヘッドで打ち比べた事はありますが、私の感覚ではあまり違いを感じません。

ダイナミックゴールド(DG)はフレックスが大まかに分かれています。

Rフレック

Sフレック

Xフレック

さらにこれを細かく重量で分けられています。

 

  • R200
  • R300
  • R400

  • S200
  • S300
  • S400

  • X100

同じSフレックスのシリーズでも、数字が大きい方が重量が2g程度重くなっていて、硬さも少し硬いと言われています。

200よりも2gほど重い300といった感じでしょうか。

300よりも2gほど重い400という感じになります。

人気があり、歴史があるシャフトではあるのですが、製品誤差という部分においては精度が高いシャフトだとは言えない部分もあります。

重さだけを見てみても、S300化してしまっているS200があったり(重さの管理が曖昧で2g程度重くなっている)、S200化してしまっているS300もあったりする訳です。

メーカーもその点を判っているので、ツアーイシューという重量管理を通常製品よりも細かくしているモデルを販売しているのでしょう。

ですから同じSシリーズであれば、200であっても300であっても400でもあまり関係ないと私は思っています。

人によっては硬さも振り心地も違うよと言う方もいますね。

この辺りは感覚の差がある事なので仕方ない部分だと思います。

しかし、同じヘッド(メーカー)の同じ番手の長さのシャフトが挿してあればの話であって、違うメーカーのアイアンセットを比べて言う人がいますが、そこは比べられるだけの共通点が無いと思っています。

国産のメーカー(ヘッド)に挿してあるS200

海外メーカー(ヘッド)に挿してあるS400

これは比べても仕方がないですよね。

 

DGを選ぶ際は、RなのかSなのかXなのを決めてしまえば細かい数字はあまり気にしなくても良いかもしれませんね。

海外仕様のS400は重すぎて打てないからS200の挿してあるモデルを欲しいとリクエストする方や、逆のパターンのS400をリクエストする方も居るのですが、実際に重さを計ると番手によっては重さはまったく一緒だという事も少なくありません。

 

次に知らなくてもあまり関係ない気もするのですが

DGにはテーパータイプとパラレルタイプの2種類があります。

テーパータイプは番手別に設計されているタイプのシャフトです。

#5用には#5用の長さのシャフト

#6用には#6用の長さのシャフト

といった感じで長さは違うけれど、重さは同じ重量のシャフトに設計されているのがテーパータイプです。

最近のメーカーが挿しているDGシャフトはほとんどがこのテーパータイプのシャフトだと思います。

リシャフトする時に割と多く使われる技術の「番手ずらし」という硬さの微調整方法があります。

これは#5番用のシャフトを#4用として挿して硬く仕上げたり、#5番用を#6用として挿して柔らかめに仕上げたりする方法です。

これが出来るのも、番手別設計になっているテーパータイプのシャフトだからですね。

テーパータイプ S200

#2番用 41.0インチ(カット前)129g

#3番用 40.5インチ(カット前)129g

#4番用 40.0インチ(カット前)129g

#5番用 39.5インチ(カット前)129g

#6番用 39.0インチ(カット前)129g

#7番用 38.5インチ(カット前)129g

#8番用 38.0インチ(カット前)129g

#9番用 37.5インチ(カット前)129g

#W用    37.0インチ(カット前)129g

 

 

 

パラレルタイプ

パラレルタイプはベースとなる長い状態のシャフトが1種類だけしかありません。
#3アイアンに挿すシャフトも、#9アイアンに挿すシャフトも同じ長さのシャフトをカットして使います。

チップ側を最初にカットしてからバット側をカットしてと、使いたい番手の長さを作る必要があるシャフトなんですね。

チップを1インチカットして#3用に、0.5インチカットして#4用にと同じ長さと重さのシャフトを切って使うので、短い番手になるほどクラブ重量が軽くなってしまうとい事が起こります。

#9用で4インチカットですからかなりの長さ分だけ重量が軽くなります。


パラレル S200

#全番手共通 41.0インチ (カット前)127g

 

単純にシャフトの長さが短くなれば軽くなると思われがちですが(パラレルタイプ)の方が自然といえば自然ですよね。
見た目が短い方が軽いのですから。

しかしアイアンで使われるシャフトの多くはテーパータイプのシャフトが使われています。
アイアンの重さのは短い番手にいくにしたがって徐々に重くなっていく事が必要と考えられているからです。

最近では軽量化と手元側に重心ポイントをずらしたモデル CPT

重さを番手間で3gずつフローさせたモデル AMT 105g~130g

等のあたらしい兄弟モデルもリリースされています。