読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100切りゴルフ

100を打たないゴルフをしよう

UTのシャフトに御用心 NS PRO 950

軽量スチールシャフトとしては、非常に人気のあるNS PRO 950シリーズ。

日本シャフトが作っているシャフトで、製品精度の高さ、品質の高さでも定評のあるシリーズですね。

このNS PRO 950シリーズにもいくつかの種類がある訳ですが、

各メーカーが発売しているUT(ユーティリティー)、ハイブリッドと呼ばれるクラブには、950といっても種類の違うシャフトが採用されています。

 

NS PRO 950 GH
レックス S
重量 98.0g
バランスポイント 51.9
トルク 1.8
Tip 9.02mm

NS PRO 950 GH FW
レックス S (41インチ用)
重量 98.0g
バランスポイント 52.2
トルク 2.6
Tip 8.5mm


NS PRO 950 GH UTILITY
レックス S
重量 98.0g
バランスポイント 51.8
トルク 2.1
Tip径 9.40mm

 

UTと呼ばれるクラブはロングアイアンに代わり使われる様になったクラブですが、アイアンやフェアウェイウッドに比べると誕生してからの歴史が浅いジャンルのクラブでもあります。

その為か各メーカーの新しく発売されるUTにも、色々な仕様のUTがラインナップされるわけですが、軽量スチールだから同じではありませんし、950だから同じという訳でもありません。
シャフトが変わると、振り心地や飛び出るボールに大きな影響が出ますから、同じスチールだからと決め付けてしまうのは良くありませんね。

一番の注意ポイントは、シャフトの種類が変わるとチップ(先端の太さ)が変わっている点です。
NS PRO 950 GH FWが挿してある純正モデルを購入したけれど、リシャフトして使いたいというケースになった場合には、8.5mmの径に合わせて作られたネック径のUTには、太い仕様のシャフトが挿す事が出来ないケースも出てきます。
もちろんリシャフトを考える前に、自分に合ったスペックのシャフトを選ぶ事が重要なのですけれど、太さが違う事を覚えておくと良いと思います。

けっこう耳にする事なのですが、「やっぱりNSって柔らか過ぎるよね」という人のクラブを見せてもらうと、NS PRO 950 GH FWのシャフトが挿してあるモデルだったりする事が多いです。
こういった方にはNS PRO 950 GH の挿したモデルが、はまる事も少なくありません。

「スチールシャフトは振り切れないよ」という方でも、スチールのNS PRO 950 GH FWが合う事だってあります。
スチールだから無理と決め付ける前に打ってみるべきですね。
アイアンがスチールシャフトのセットを使っている人は、FWまでの間に1本か2本入れる事になるUTですから、重さを含めたシャフト選びのポイントを押さえて選ぶと良いと思います。