読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100切りゴルフ

100を打たないゴルフをしよう

グローブのサイズ

私がゴルフを始めた頃の事を思い出してみると、手の平にマメをつくり右手にも左手にも力が入りまくっていたのを覚えています。

この頃の私は、グローブの色々なところに穴が開いていたと思います。

とにかくクラブを強く振りたい時期でしたから当然ですね。

 そんな私もあの頃から15年ぐらいは経つのでしょうか?

グローブが痛む事もすっかりと減ったように感じます。

練習量が減っただけかもしれませんが(汗

基本的には練習用のグローブと、コースで使うグローブを使い分けていたのですが、最近は自分にとってのベストじゃないか?というお気に入り素材のグローブを使うようになりました。

ナノと表記のある素材を使ったグローブなんですが、これは本当におすすめのグローブですよ。

グリップ力の強さは申し分ありません。

かなりのグリップ力がある素材だと思います。

今までの私はコースで使うグローブは、天然羊革のグローブが好きだったのですが雨が降ってしまったり、夏の汗を大量にかく季節だったり、耐久性という点でもいまひとつだったりと、数枚をローテーションして使う事が多かったのです。

雨の日に滑らないというパッケージにひかれて試してみたのが始まりなのですが、ナノ素材のグローブは、本当に濡れても滑りません。

期待していた訳では無いのですが、この素材のグローブは耐久性もかなり丈夫な素材だと思います。

濡れたり汚れたら手洗いをして乾かせばOKです。

このグローブに変えてから、コースでも練習場でもこのグローブしか使っていないような気がします。

 

そして最後にちょっとした私なりのこだわりなのですが、最初は少し小さい位のサイズを選んで買うようにするのが私なりのこだわりです。

耐久性が高いという事もあるのですが、グローブは使っていくうちにどうしてもサイズが大きくなってしまいます。

手のひらにしわが入るようなサイズ感だと私は違和感を感じてしまうので、割と小さいサイズをやや無理やりにはめて使うようにしています。

使っているうちに自分の手のサイズに合わせて少し大きくなりますから大丈夫ですよ。