読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100切りゴルフ

100を打たないゴルフをしよう

ひねくれてるモノ?

最近のゴルフクラブの特徴というか良く売れているクラブの特徴が、見た目の印象と違うものが意外性があって良いとか、良い意味で裏切られるものが良く売れている気がします。

物凄く優しく出来ているポケットキャビティーで、フェースの弾きも良く、ボールも良く上がり、良く飛ぶ。

さらにスイートスポットまで広いので曲がらないといった具合で、とても良くできている商品があるとします。

これだけでも充分売れそうな雰囲気が満載なのですが、さらにここまで良くできているのが当たり前で、実際に打ってみて感じる事がポケキャビでステンレスの複合素材なのにまるで軟鉄素材のようなアイアンのように打感が良い(裏切られる感覚がある)みたいなクラブって凄く売れている気がするのです。

続きを読む

1カップきれますよ。

1.5m登りのフックライン

1カップぐらいきれそうですね。

強気で打てる人、ジャストタッチで打つ人、入るラインの厚みはもちろんあるけれど、そもそも1カップって表現の仕方って非常に曖昧ですよね。

続きを読む

ゴルフの近代化?

2019年1月1日 ゴルフルールの近代化に向けて
R&AとUSGAはゴルフ規則を近代化する為の変更案をいくつか発表しましたね。
現段階ではあくまでも提案という事ですけど。
ルールの近代化、簡素化と言うところが注目されてますね。

http://www.jga.or.jp/jga/html/jga_data/04KISOKU_NEWS/2017_KISOKU/RMNewsrelease(JP)final.pdf

続きを読む

ゴルフ人口が増えますように

ゴルフショップには若い人たちがゴルフをはじめようとしてクラブを見に来ることがあるわけですが、クラブの金額を見て高いなぁと感想を持つ人が多いわけです。

ゴルフをはじめる為にはある程度の初期投資が必要になる訳ですよね。

レンタルクラブでゴルフを楽しんだという話をあまり聞かないのは、ある程度打てるようにならないとコースには行くことが無い。

練習をしてからコースデビューという流れを考えると、自分の道具を買うというパターンが一般的という事だと思います。

私なりに考えるゴルファーが増えて欲しいからどうしたら良いのか?

20代、30代のゴルファーが増えたら日本のゴルフの未来は明るいと思うのです。

続きを読む

new スリクソン Z-STAR シリーズ

新しいボールが発売されましたね。

雪が降り積もっていてラウンドが出来ないので、折角買ったボールが試せません。

松山英樹選手の優勝を祝っての意味も含め、Z-STARとXVの両方を購入したわけですが実際のコースではまだ試していない状態です。

続きを読む

冬場のボールについて

この時期は気温が一桁と非常に寒いのでゴルフを楽しむ為の割り切りと準備が必要になりますよね。

雪が降ってしまえばラウンドはできません。

しかし雪が降らない日が続きコースに積雪が無ければラッキーと言う事でラウンドに行くわけですが、行ったら行ったでやはり気温の寒い時期は過酷なゴルフになる訳です。

続きを読む

テーラーメイド M2 (2016年モデル)

  1. 重心距離
    39.4mm

  2. 重心深度
    38.4mm

  3. 重心高
    30.3mm

  4. 重心角
    23.3度

  5. ヘッド重量
    199g

  6. ヘッド体積
    460cc

     

  7. 表示ロフトとリアルロフト
    10.5度 / 11.0度

  8. フェイスアングル
    -1.0度

  9. ライ角
    54.5度

  10. FP
    18.5mm
続きを読む