読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100切りゴルフ

100を打たないゴルフをしよう

需要と供給?

クラブ選びの落とし穴 道具選び クラブセッティング シャフト

最近のゴルフメーカーが出すクラブは、どんどん軽く、どんどん柔らかくなってきている傾向が強い。

新発売のクラブはどうしても金額が高いので、気軽にほいほい買える物でもない。

ある一定の年齢層(お金に困っていない人達)に向けての高級クラブの傾向なのだから仕方が無いと言えばそうなのかもしれない。

でももう少しメーカーも、将来を見据えた道具の売り方をしてみたらどうかと思うことも少なくない。

続きを読む

クラブのスペック選びのルール

ドライバー クラブセッティング 道具選び

クラブを選ぶ時にどうしても悩んでしまうスペック。

ドライバーだとヘッドは決まったとしても、シャフトはどうしよう?

銘柄とフレックスでも悩んでしまう・・・。

振りきれる範囲で重い物がベターという内容を耳にするけど、それってどうゆうことでしょうね?

続きを読む

紫外線対策 目は大切にしよう

道具選び

皆さんはゴルフを楽しむうえで、健康維持という事も気にされてる方も多いと思います。

私は目が強度の近眼で10代からコンタクトレンズをして生きてきました。

裸眼で0.1が見えない様な強度の近視なので、ゴルフをする時には必ずコンタクトレンズを使用するのです。

続きを読む

プロギア RS F ギリギリドライバー

ドライバー

販売された商品の中に、一部適合ではない可能性の商品が混在したかもしれない?

何が適合ではないのか?

反発係数が基準値をオーバーしている可能性があるからと言うものです。

続きを読む

ゴルフの常識って謎が多い

クラブ選びの落とし穴 シャフト 道具選び 100切りゴルフ

ゴルフを始めて1年前後ぐらいの方や、3年ぐらいは経っている方でも多いのですが、シャフトが柔らかいからスライスするという理由で、RシャフトからSシャフトに変えたいという人が非常に多い。

もちろん若い人なんかで、ヘッドスピードが非常に速く右に高い吹け上がるボールが出ている人には有効だと思うのですが、今までフック系のボールが打てた事が1度も無いという様な、慢性的なスライスで困っている人には、シャフトを硬くしたからといってスライスが止まる訳ではない。

シャフトを硬くするとフックが打てると聞いたとか、重心距離の短い小振りのプロモデルのヘッドは操作性が良いのでフックが打てると聞いたなど。

少し言葉が悪いかもしれないけれど、自分にとって都合のいい情報だけを集めて、道具を買い換えればスライスは治ると思っている人が意外と多い。

続きを読む

練習場での事

スコアーアップ&練習 100切りゴルフ

久しぶりに練習場での打席の場所を自分から移動してしまった。

練習の途中で打席の場所を移動したわけです。

その理由は自分の前の打席の方が、打つ毎に必ずダフル人で、打った後に必ずクラブで床を叩く人だったのですが、私はそうゆう音が気になり始めると、リズムが悪くなる気がして練習に集中できないのです。

ダフってしまう事は仕方の無い事なので、そこまで気にはならないのですが、何故クラブで床を叩くのでしょうかね。

ショット後にクラブで床を叩く事がルーティンになっている様な感じの人でしたので、今日は早々に打席を移動してしまった。

続きを読む

練習場のボール(レンジボール)

ボール クラブ選びの落とし穴 スコアーアップ&練習

ゴルフの練習で1番の注意するポイントは、レンジボールを沢山打って練習するから実際のコースボールとのフィーリングの違いに注意しないといけない事。

比較的新しいボールを使っている練習場で、ボールの銘柄も同じであれば自分の持ち球と相談して練習ができますから良いのですが、ボールの銘柄もバラバラ、痛んだボールも混ざっている練習場でボールの球数を打って練習する際には注意が必要ですよね。

 

日本のゴルフ環境は、練習場とコースではかなりフィーリングの違うスポーツだと私は思うのです。

続きを読む